無料ブログはココログ

2017年6月 2日 (金)

(39)「繁縷」(ハコベ)

ハコベ(繁縷)(ナデシコ科) 花期5月~10月ごろ

 

最北では、ハコベにもいくつかの種類がある。

ハマハコベやエゾオオヤマハコベに加えて最近は外来種のカラフトホソバハコベが多くなって来た。

昔から、身近にあった「ハコベ」は、私にとって つくづく昭和だ。

ハコベを、畑のふちとか道端から見つけて採ってきて ニワトリに与えるのだ。

ハコベは、ふわふわと柔らかく、いかにもニワトリが好きそうだ。

20羽ほどのニワトリに、浜から拾ってきた帆立貝の殻を砕くことも子供の仕事だった。

キツネやイタチ、山犬などもニワトリ小屋を狙っているときもある。

青大将だって、たまにはやってくる。

子供たちは、ニワトリ小屋の近くで ムシロを敷いて ままごとをして遊ぶ。

それは、さりげなく 番犬ならぬ「番子供」になっていたのかも知れない。

 

ニワトリも特徴のあるものには名前がついている。いや、つけている。

「あ、鶏冠(とさか)割れがいない!」と、誰かがいきなり気づく。

見回わすと、とさか割れは、首を捻られて逆さにつるされていた。

ニワトリを殺すということは誰かお客様が来るということだ。

それも、遠くから来る大事なお客様に違いない。

子供ながら、蕎麦なのか、ライスカレーになるのかと言う勘が働く。

札幌から父のすぐ下の弟がやってきた。

母が蕎麦を打っている。

 

産み立ての卵を集めるため小屋に入ると よくキックしてくれた「とさか割れ」は もういない。だが子供たちには、何事もなかったような翌日がある。

「コッコッコッコー」ハコベを採ってきては小屋に走り寄る。

 

(俳誌 樺の芽 2017 6月号)

写真(1)ハコベ(稚内市)

02650

(2)(カラフトホソバハコベ)(稚内市)

07_580

2017年4月26日 (水)

(38)大花延齢草(オオバナノエンレイソウ)

(オオバナノエンレイソウ)(大花延齢草)(ユリ科) 花期 5月~6月ごろ

一昨年の秋「全身癌」と診断され余命半年と宣告されてしまった友人。

最期は、自宅で家族と共に過ごそうと「癌治療」も拒否し自宅療養の道を選んだと言う。

私は、そのことも知らなかった。

昨年の四月の末に、旅行から帰ってきたばかりの私を「探していたんだ」と、突然訪ねて来てくれた。

私に「メッセージカード」を作成して欲しいというものだった。

右手が麻痺してしまっているので左手で書いたメーッセージ。

「野の花に魅せられて」と、純白のドレスを身にまとったようなオオバナノエンレイソウが一番好きな花だと書いてあった。

オオバナノエンレイソウの花の写真も私のパソコンの中から一緒に探した。

それは、葬儀の際に香典返しと一緒に配るものだったのだ。

もう、彼は自分の葬儀をプロデュースしていた。

遺影も私の撮ったスナップ写真から選んだ。

私が、葬儀の際に「ネイチャーラブ最北」(野の花を愛する会)を代表して「弔辞」を読ませてもらうことを申し出たら、それを、とても嬉しい顔をして頷いてくれた。

 

最近は、自宅で最期を迎えようとする人も増えてきたようだが、その覚悟を決めた 毅然とした姿に感動した。

67歳と言う、まだまだこれからの年齢の死を惜しむ大勢の人たちに送られて 彼は旅立った。

それも、この大好きなオオバナノエンレイソウが咲き始めた頃に。

私の最期は、どうしようかなぁ。

この「涯に咲く」花たちを綴った 小さな本でも作って 持って行ってもらおうかな。

うう~ん、表紙は「エゾリンドウ」と、利尻っていうのはどうかなぁ。

写真と俳句のコラボのポストカードもいいかな。

辞世の句も、作っておかねば。

不謹慎ながらも、そんなことをちと考えてしまった。

(俳誌 樺の芽 2017 5月号)

1)オオバナノエンレイソウ(稚内)

381650

2017年3月30日 (木)

(37)「秋田蕗」

アキタブキ (秋田蕗)(キク科) 花期4月~5月ごろ

春、雪が消えると一番先に顔を出すのは、フキノトウだ。

それは、思わず「待ってました!」と声を出したいぐらいの萌黄色。

一面、真っ白だった景色も 太陽のおかげで あちこち地面が出てくる。

それは、本当に躍動の季節の始まりの色。

フキノトウを見つけると、本当に嬉しい。

フキノトウは、アキタブキの芽?と言うか蕾(花)なのだ。

アキタブキは、本州の蕗に比べて大きい。

種類が違うのでしょうね。

「北海道の蕗は美味しいですよね」と本州の人に言われて、いつもの蕗は北海道だけのものだったのかと驚いたくらいだ。

東北の北部にはあるみたいだが 簡単に?蕗が採れる地に住んでいることが嬉しい。

私は、この蕗が大好きだ。夫に「主食か」といわれるぐらい毎日食べる。

フキノトウの天ぷらの蕗味噌も大好きだが、やはり茎の部分が一番好きだ。

必ず、冬用に保存もして「おでん」には必ず登場する。

いつか、フキノトウの呆けたのを「俳句では蕗の姑(しゅうとめ)って言うのよ」と、教えたら「蕗の老婆でしたっけ?」と言われ、姑イコール老婆のイメージだったのかと大笑いした。

<太陽の点呼に応ふ蕗の薹>1999

<倖せは足許にあり蕗の薹>2013

<蕗の薹みどり児の色として温き>2015

 (俳誌 樺の芽 2017 4月号)

(1)フキノトウ(稚内市)

29650

(2)秋田蕗は、6月にもなれば こんなにも伸びる(猿払村)

292_500

2017年3月 2日 (木)

(36)「谷地梻」(ヤチダモ)

ヤチダモ(谷地)(モクセイ科) 花期7月~8月ごろ

ヤチダモは、愛想がない。春は、一番遅く葉が出て、秋は、葉も黄色く色づいたと思ったとたんに落ちてしまう。大木にもなる。

真冬の裸木になった姿が好きだ。

この北の果ての開拓の厳しさを誰よりも知っているかのような姿が。

枝先の太さが父の指のようにも見える。

父は、グローブのような大きな手で、大工仕事も、機械いじりも、何でも出来た。

私たちのスキーも橇も作ってくれた。

そんな太い指先なのに、細かいことも得意だ。芋堀りの時に使う籠もササタケを割って作る。

その、籠を網んでいる傍らの薪ストーブの上では母の作った芋だんごが焼けている。

ふるさとを想うとき、いつも この冬の光景が目に浮かぶ。

私たち(女8人に男1人)は、あの太い指で育てられたのだ。

晩年の父は、脳梗塞を煩ったのちも筋肉質の身体と太い指はそのままだった。

娘たちは、時々やってきては母に仕立てて貰う着物の話ばかりしている。

それを見ながらも、いつも何も言わず どっかりと椅子に座っている父。

娘たちの、他愛もないばかばかしい話が聞こえると 時々 小さく笑う。

明治452月生まれの父は、身長は 今で言う183cm以上はあった。 

着るものも、靴も 昔は特注だった。

その体躯は、最後に生まれたたった一人の男の子 弟がそっくりだ。

昨年5月 十七回忌を迎えた。

<裸木や病みても太き父の指>(1988年作)

<白玉や泣きごと見抜く実家の梁>(1989年作)

<漆黒の父が生きてる夏座敷>(1995年作)

<如月や椅子の軋みは父の音>(2016年作)

(俳誌 樺の芽 2017 3月号)

(1)冬のヤチダモ(幌延町)

3612650

(2)夏のヤチダモ(幌延町)

3622_650

(3)ヤチダモの雄花(稚内市)(雄の木と雌の木がある)(雌花は、少し遅れて咲く)

0232_650

2017年1月25日 (水)

(35))「四葉鵯」(ヨツバヒヨドリ)

ヨツバヒヨドリ(四葉)(キク科) 花期7月~8月ごろ

葉が茎を囲んで四枚輪生していることから「四葉」と、言われているが たまには三枚葉とか五枚葉とかのものもある。

ヒヨドリが鳴くころに咲くと言う説もある。

ヒヨドリ、夏期間は、最北ではあまり見かけないが この花が咲くと私の昆虫撮りも始まる。

この花は、よく蝶やら蜂やらが寄ってくる 一番の人気の花。

蝶の図鑑も、ほとんどがこの花に止まっている写真だ。

知り合いの、昆虫の研究家の案内をしたときも、先ず、この花のたくさん咲いているところに行ってみた。

その日は、風も強い日だったので、沢すじと言うか谷間にある比較的風が弱い場所に行った。

8月でもあったことから 虫たちがよく来るイケマ、ハンゴンソウも咲いていて文字通り花を添えていてくれた。

ミヤマカラスアゲハ、ヒョウモン蝶の仲間などがいっぱい飛んでいて 案内役の面目を果たすことが出来た。

研究家とは、目の付け所が鋭い。私も、とても勉強になった。

いつも、私が何気なく撮っている虫たちは、北方系の貴重な虫が多いのだということも知った。

私も、この花に止まっている蝶や虫たちを たくさん撮っている。

あの渡りをする蝶「アサギマダラ」も礼文島で撮ったことがある。

利尻島でも、撮ったことがある。

礼文の人も、利尻の人も「あ、今年も見ましたか?」なんて、軽く言っていた。

有名な珍蝶なのに、けっこう、見られるようだ。

笑ってしまうのは、この花もくたびれて来たら誰も寄ってこないってこと。

虫たちも正直なものだ。

(俳誌 樺の芽 2017 2月号)

(1)ヨツバヒヨドリとクジャクチョウ (稚内市)

351_600

(2)ヨツバヒヨドリとアサギマダラ(礼文町)

352_72

2016年12月 6日 (火)

(34)「黄金菊」(コガネギク)

コガネギク(黄金菊)(キク科) 花期9月~10

最北には、アキノキリンソウとミヤマアキノキリンソウがある。

頭部に、花が密についているものがミヤマアキノキリンソウ。

こちらの方を、別名コガネギクと図鑑には書いてあるが、最果ての地もサロベツも どちらも普通にある。中間型もあると言う。

私は、総じて「黄金菊」と、呼びたいところです。

それに「キリンソウ」とは、ぜんぜん違う花ですし。

今頃、花の名前に注文つけても しょうがないことですが いつも引っかかる。

もう、野山には花が少なくなる9月の中旬に この花は咲く。

豊富町の稚咲内(ワカサカナイ)と言うサロベツの海岸線にある牧草地の一角に、 ひっそりとした大群落がある。

なぜ、ひっそり、かと言うと咲いている面積は広大なのに 秋の野山の色に溶け込んでいて、色が地味なので 誰も気づかない。

原野の大群落は、この花で終わる。

その大群落のバックには秀峰利尻富士があるのです。

これがポイント高いのです。贅沢ですよね。

ただ、此処は、私有地なのです。

何時、所有者のおじさんの気分で?草地改良のため、一気に牧草地にされてしまうかも知れないのです。ああ、今年も無事でした!安堵する私です。

いつも撮影したあとに、モデルになってくれた花を一輪だけ手折り 持ち帰りたい私。

サロベツの大群落のフィナーレの花は私の末摘花。

(俳誌 樺の芽 201612月号)

(1)コガネギク(豊富町)

3472_650

(2)コガネギクの群落(豊富町)

342650

2016年11月 2日 (水)

(33)「鋸草」(ノコギリソウ)

ノコギリソウ(鋸草)(キク科) 花期8月ごろ

 

名前の由来は、葉がギザギザとした切れ込みがあり、それがノコギリの刃を連想させるもの。

最北には、ノコギリソウとキタノコギリソウがある。

礼文には、それらに加えて少し小ぶりのエゾノコギリソウもある。

キタノコギリソウは、色の濃淡の差は大きく、真っ赤な花もある。

 

ノコギリソウの亜種シュムシュノコギリソウは利尻山の中腹以上の登山道にもある。

シュムシュは地名。千島列島最東端「占守島(シュムシュ島)」

 

「終らざる夏」(浅田次郎)を読んで、この花の名前の由来の島の 悲しい過去を知ることになった。

世が世であれば、日本国の領土として国立公園に指定されたかも知れない花の島。

戦争が終わり、兵士の遺品の中に「占守の夏」と書かれ、花の名前と その採取場所を書き留めていた捺花とノートが見つかった。

その花の名前の中に、シュムシュノコギリソウはなかったが、ハマナス、エゾトリカブト、コマクサ、チシマフウロ、イヌタデ、レンゲショウマ、チシマキンバイ 北方系のなじみの花の名前ばかりだ。

この人は、緊迫した占守島の日常、過酷な環境の中にいても 島じゅう咲き乱れる花に魅せられていたのだろうか。

まるで「花守り」であるかのような姿が目に浮かぶ。

それは、私の知っている「礼文島」のような、「利尻山の頂上」みたいな、いや、それよりもたくさん密に花がある島なのかも知れない。

その花の島での戦いが、日本がポツダム宣言受諾後の818日の未明であったこと、敵はアメリカを意識して英語通訳要員も用意していたのに、ロシアであったこと。

「終らざる夏」は、国民の誰もが「知られざる夏」であった。

それが、もう、すでに私が生まれていた71年前のことだなんて、信じられない。

 

この本を読んでから、この花を利尻の頂上で何気なく撮っていたことを 嬉しく思った。

もう私は、年齢的にも体力的にも この花を撮りに行くことは難しいかも知れない。 

 

(俳誌 樺の芽 201611月号)

写真(1)シュムシュノコギリソウ(利尻山頂上で)

33_700


(2)エゾノコギリソウ(礼文島で)

332_650


(3)アカバナキタノコギリソウ(利尻島で)

333580

2016年9月28日 (水)

(32)「大姥百合」(オオウバユリ)

32)「大姥百合」

オオウバユリ(大姥百合)(ユリ科) 花期7月~8月ごろ

春先出てくる、光沢のある葉には、葉脈が赤い筋で なんか血管のようにも見える。

その、力強い葉も好きだ。

花は、ダイナミックに まるで「拡声器(メガホン)」を四方に取り付けたかのように咲く。

花が終わるころ、あの光沢のあった「葉」も、だんだん、みすぼらしくなり 種子が出来たころには 見事に「葉」は 無くなる。

その「葉が無くなる」のを「歯が無くなる」つまり「姥」?「姥百合」?

根は、昔アイヌの人たちは食用にしていたらしい。

冷害からも救ってくれた この植物を採り過ぎないようにと、戒めながら大切にしていたと言う。

今は、あまり食用にしている話は聴かないが、たぶん「ユリ根」のように美味しいものなのでしょうね。

最北は、蝦夷梅雨かと思うぐらい長雨と低温に悩まされる年もある。

「夏は、まだか」と思うときがあるが、この花が咲いたら、最北も絶対夏!

なんか、暑くてたまらない時に咲いていて 夏満開のイメージがある。

花が終って、殻が28個もつけたのを見つけたことがある。

30個以上はないものかと、いちいち数えているのですが、なかなか見つからないものだ。

(俳誌 樺の芽 201610月号)

321156032323_600


(左)オオウバユリの花(幌延町)(右)23個の種

322_650

血管のような若葉の葉脈

2016年8月31日 (水)

(31)[白山千鳥」(ハクサンチドリ)

31)「白山千鳥」

ハクサンチドリ(白山千鳥)(ラン科) 花期5月~6月ごろ

ハクサンの名前がつく花は けっこうある。

ハクサンチドリ、ハクサンイチゲ、ハクサンボウフウ、ハクサンツツジなどなど。。。。

それは、北陸地方の石川県と岐阜県にまたがる山、白山(2.702m)が由来しているもの。

この花は、こちらでは道端でもどこにでもある。

ピンク色が好きな女の子たちの 格好のアイドル的存在の花だ。

例によって、誰にでも「この花、なんていうの?」と聞きまくる。

その頃は、花の名前なんてどうでもよかったのか 大人はしっかりと教えてはくれない。

父の末弟の「おじちゃん」にも聞く。

おじちゃんは「これはね、アカンベ花って言うんだ。ほら、あかんべ、して見ろ。似てるべ」と言って 目の下を指で押さえた。

名前を知った?子供たちは「アカンベ花、ここにもあるよ」喜々として採って遊んだものだ。

小学校にあがってから職員室にある「花図鑑」を借りて見たことがある。

昔は、どれも手書きのもので それも色もないのだが、似ている花を見つけた!

この花の本名は「ハクサンチドリ」だったのだ。

飛んでいる千鳥に、花の形が似ているから「チドリ」としたと書いてあるが、今、思えばおじちゃんの言うアカンベの目の裏の方が似ているかも知れないと思った。

おじちゃんは、あまりにも花の名前を聞かれるのでうるさいから ふざけて教えてくれたものだったのだが、我が家だけに通用する名前で 今でも語り草になっている。

 (俳誌 樺の芽 20169月号)

(ハクサンチドリ)(稚内市)

31_640

31230580_2

(左がおじちゃん  右が父)(昭和30年代)

2016年7月 3日 (日)

(30)「蝦夷延胡索」(エゾエンゴサク)

エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)(ケシ科) 花期4月下旬~5月ごろ

 

エゾエンゴサクは、牧草地、林の中、道端、どこにでもある。時には大群落になる。

大群落は、さながらブルーシートを敷いてあるのでは?と、思うぐらいだ。

 

子供の頃は、この花を「雨降り花」と、呼んでいた。

この水色が「雨」を連想させたのか。

 

蜜があるからか、蜂がよく来る。

エゾオオマルハナバチ、アカマルハナバチの中に混じって、お尻が白いセイヨウオオマルハナバチが来るようになった。

2007年には、まだ稚内では この蜂を見たことはなかったが、翌年の2008年からは びっくりするほど多く発見されている。

 

セイヨウオオマルハナバチは、旭川や十勝地方のトマト農家が受粉のため外国から移入したもの。

それが、逃げて ついに稚内の方まで飛んで来たらしい。

それが・・・それを見つけ出すと あれよ、あれよ、と言うぐらい目にとまる。

もう、営巣現場も見つけることになり、今は在来蜂(マルハナバチ類)よりも多いくらいだ。

巣は、ネズミの古巣を使うことが多く、どちらかといえば人家に近いところに多くいる。

 

春の女王蜂は、エゾエンゴサク、ナナカマドの花に。

夏になると働き蜂は、ハコネウツギ、秋の新女王は、ガクアジサイ、ムクゲに。

 

外来種の繁殖力は、ものすごい勢いだ。在来の蜂たちの生態系にも影響しそうだ。

たまに、お尻が茶色のエゾオオマルハナバチを見つけると嬉しい。

在来蜂、がんばれ!

 

(俳誌 樺の芽 2016.7月号)

写真(1)エノエンゴサク(稚内市)

30_580

写真(2)セイヨウオオルハナバチ(稚内市)

302580

«(29)「李」(スモモ)